ヘモグロビンで血糖値を知る|サプリで健康生活。ヘモグロビンa1cから考える糖尿病予防

糖尿病とヘモグロビンa1cは深い関係にある

糖尿病は非常に怖い!

糖尿病はエイズと同じく治ることのない病気です。そのため、糖尿病にならないために普段から健康面に気を使わなければなりません。糖尿病の兆候は、血糖値などから調べることが出来る他、ヘモグロビンa1cの値からも知ることができます。

ヘモグロビンa1cについてよくある質問

ヘモグロビンa1cってなに?

ヘモグロビンa1cとは、ヘモグロビンと結合している糖の割合を示す数値です。この数値が高いほど血糖値が高いことになり、低ければ血糖値が低いことになります。なお、ヘモグロビンa1cは「HbA1c」と表記することもあります。

血糖値の検査結果と何が違うの?

血糖値の検査結果は、現在のその人の血糖値ですが、ヘモグロビンa1cはその人の過去1~2ヶ月間の血糖値を表します。つまり、健康診断前に食事制限をしたら血糖値は下がりますが、ヘモグロビンa1cは減らないということです。

ヘモグロビンa1cの値がどれだけ高かったら糖尿病なの?

基準としては、ヘモグロビンa1cが6.5%以上で糖尿病、5.6%未満で健康体と言えます。6.5%に近づけば近づくほど糖尿病の危険があるため、できるだけ注意しましょう。

ヘモグロビンa1cを下げるためにはどうすれば良いの?

基本的には糖尿病予防と同じく、糖分の過剰摂取を控え、運動でエネルギーを消費することです。ヘモグロビンa1cの数値は血糖値と違って変動しにくいのでわかりにくいですが、毎日きちんと節制をすれば次第に数値は下がります。

サプリで下げることは出来る?

サプリを飲めば血糖値が下がるということはほぼありません。しかし、摂取することで血糖値の吸収を和らげ、結果的に下げるということはできます。ネットで検索すれば血糖値を下げる効果のあるサプリは多く見つかります。

ヘモグロビンで血糖値を知る

男性

糖尿病予防には

糖尿病を予防するためには、炭水化物や糖分のとりすぎの予防も大事ですが、運動や睡眠も大きく関係しているということをご存知でしょうか。運動不足も睡眠不足も等しく体内の機能を弱らせるため、糖尿病のリスクを上げてしまうのです。

低すぎる血糖値も危険

糖尿病予防のために血糖値を下げすぎるというのも実はあまり良くありません。血糖値が低いと、今度は頭と体のパフォーマンスを著しく下げてしまい、その結果体は弱ってしまいます。ある程度は血糖値も重要なため、適量の糖分は摂取しましょう。

サプリと血糖値

サプリの中には血糖値を下げる、あるいは血糖値の結合を妨げるサプリや漢方薬なども存在し摂取することでヘモグロビンa1cの値を小さくすることもできます。ネット通販で多く見つかるため、探してみましょう。